ドクターセノビルは何歳から飲むのがいいの?

ドクターセノビル(Dr.senobiru)は子供向けの成長サプリですが、実際飲み始めるのは何歳からがいいのか迷ってしまう方もいらっしゃるようです。
早すぎてしまって効果が出ないのはもったいないとか、遅すぎて伸びる時期が過ぎてしまってないだろうかなど、心配している人も多いようです。ドクターセノビル(Dr.senobiru)を飲み始めるのは何歳からがいいのか検証していきます。

ドクターセノビルを飲み始めるのに最適な時期とは?

ご存じのようにドクターセノビル自体が背を伸ばすわけではありません。ドクターセノビルはアルギニンがメイン成分で、成長ホルモンの分泌を促すことで背を伸ばしやすくアシストするというサプリメントです。
成長ホルモンが出やすい、背が伸びやすい時に飲むのが最も効果的です。
女の子なら8歳~10歳頃、男の子なら10歳~12歳頃が一般的な成長のピークと言われています。女の子では1年で7cm~9cm、男の子だと8cm~10cmも伸びます。まさに成長スパート期と言えるでしょう。
ただし、この数字は一般的なだけであって、必ずしもその通りになるとは限りません。個人差がかなりあります。
中学校に上がってから伸びる子、高校で伸びる子、20歳になっても伸びる子など一概には言えませんので、時期を逃したからと行ってチャレンジしないのはもったいないです。
ドクターセノビル(Dr.senobiru)を飲むのであれば,上記年齢にさしかかったころに飲み始めるのがベストですが、それを過ぎてもまだチャンスは眠っているかも知れませんので、高校を卒業するまでは期待出来ます。
私自身もこの成長スパート期に大きく伸びた経験がありますが、その後高校3年生の時に、一気に周りに抜かれたということもありますので、伸び悩んでいたとしても焦る必要はありません。ドクターセノビルで周りを一気にゴボウ抜きだって有るかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする